カーナビLabo

カーナビLabo

カーナビ買ったらドコ行こう?

カーAV評論家・会田肇氏が最新のカーナビをムービーで徹底解説。
最新カーナビ徹底ガイド!カーナビLabo

スマートフォンメニュー

NEW MODEL

2015年4月25日発表/6月上旬発売 クラリオン スーパーワイドナビ MAX775W/MAX675

MAX775W

ワイド2DINの幅いっぱいに7.7型UWVGA画面が広がる。MAX775W

NX715

NX715は2DINの最上位モデル。MAX775Wとの違いは画面サイズのみ。

NX615W

NX615Wは7型モニターの両サイドに操作スイッチを配置。

7.7型UWVGAディスプレイを採用。声でメールを送信できる!

クラリオンは、2015年モデルの上位機種を発表。6月上旬より順次発売する。
「MAX775W」「MAX675W」は、幅200mmのワイド2DINサイズをフル活用する7.7型UWVGA(1024×4801ピクセル)ディスプレイを搭載。愛称は「スーパーワイドナビ」だ。
他の3モデルは7型WVGA(800×480ピクセル)ディスプレイを搭載し、「NX715」「NX615」は幅180mmの2DINサイズ、「NX615W」はワイド2DINサイズとなる。

価格はすべてオープン価格だが、店頭予想価格と発売予定は、
「MAX775W」が13万円前後 6月上旬
「MAX675W」が11万円前後 6月上旬
「NX715」が11万円前後 6月下旬
「NX615」が10万円前後 6月下旬
「NX615W」が10万円前後 6月下旬


注目は、「MAX775W」「MAX675W」に採用された7.7型UWVGAディスプレイだ。
ワイド2DINサイズはトヨタ/ダイハツ車などにジャストフィット、近年、対応する市販ナビが増えている。ワイド化によって生じたスペースは、従来は操作キーを大きくして操作性をアップするのに使われていた。
この「MAX775W」「MAX675W」は、1024×480ピクセルの7.7型UWVGAディスプレイを採用し、画面をワイド化。この結果、地図画面はより広いエリアを表示することができ、小画面で交差点のガイド情報などが出た時も、自車位置周辺の地図は広々としている。16GBのSDメモリーにゼンリン製地図データを収録しているが、ワイド化のために地図データも新たに開発したのだという。
また、このワイド画面は映像再生時にもメリットがある。7型画面でシネマサイズの動画を再生すると上下に黒い帯が出てしまうが、7.7型なら映像アスペクト比20:9の映像が画面いっぱいに表示される。映画好きにはうれしい仕様だ。

 

もう1つのトピックは、クラリオン独自のクラウド型音声認識サービス「Intelligent VOICE」の進化だ。音声で、「目的地検索」「電話発信」「SMS送受信(Androidのみ)」「楽曲検索・再生」を操作できるのに加え、新着メールをナビが知らせる「お知らせ通知機能」が追加された。受信したメールの本文を読み上げてくれるのも有り難い。さらに、Gメールの作成、送信も音声で操作できる。
運転中に行き先から「何時頃着くの?」というメッセージを受信、「10分くらい遅れそうです」と返信する...なんてことも、ステアリングを握って前方を向いたままで、できてしまうのだ。
「MAX775W」「NX715」は、「Intelligent VOICE」を最大3年間無料で使えるキャンペーン付き。他の3モデルは最大3ヶ月間無料で試せる。

「MAX775W」「NX715」には、スマートフォンで本格的な音響設定ができる「Intelligent Tune」という機能もある。専用アプリが車内の音響特性を測定して、設定を補正。たった数十秒で本格的なサウンドが楽しめるのだ。
また、「MAX775W」「NX715」はWi-Fi機能を搭載。Android端末と接続することで、スマートフォン内の動画や音楽などをワイヤレスで楽しめる。
ETC・DSRC接続端子、ビーコン接続端子、4chプリアウト端子なども、「MAX775W」「NX715」のみが装備している。


と、ここまでは「MAX775W」「NX715」中心に見てきたが、この5モデルは基本的なナビ機能、AV機能は共通だ。地図データはゼンリン製(16GB)を採用し、クラウドサービス「Smart Access」を利用できる。
地図データの更新は、PCでネットからダウンロードする方式。無料期間に違いがあり、「MAX775W」「NX715」は利用開始日から3年間無料。「MAX675W」「NX615」「NX615W」は1年間無料となっている。

では、5モデル共通のナビ機能、AV機能を見ていこう。
ナビエンジンには新開発LSIを採用。3D画面でも高速でスクロールできるようになり、現在地周辺やルート沿いの施設を素早く探し出すことができる。
「準天頂衛星みちびき」にも対応、山間部や都心のビル街でも安定した現在地測位が期待できる。
4月23日にサービスがスタートした新世代の交通情報サービス「VICS WIDE」に早くも対応している。これまでFM多重VICS(FM-VICS)では旅行時間情報を送ることができなかったため、カーナビは渋滞箇所を表示するのみ、渋滞回避ルートを引くことができなかった。FM波で送り出せるデータ量が従来の2倍に拡大したため、一般道の旅行時間情報や、プローブ情報を活かした交差点通過時間、緊急情報、気象・災害情報なども提供できるようになった。その結果、FM-VICSでも渋滞を回避したルート案内ができるようになったのだ。

AV機能では、地デジは4チューナー×4アンテナのフルセグ。DVD、CD、iPhone/iPod、SDカード、USBメモリー、Bluetoothオーディオと、多彩な音楽ソースに対応。MP3、WMA、AAC、MP4、WMV、H.264の圧縮音楽/動画ファイルを再生できる。

スーパーワイドナビ MAX775W

スーパーワイドナビ MAX775W

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入
スーパーワイドナビ MAX675W

スーパーワイドナビ MAX675W

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入
NXシリーズ NX715

NXシリーズ NX715

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入
NXシリーズ NX615W

NXシリーズ NX615W

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入
NXシリーズ NX615

NXシリーズ NX615

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入

※クリックすると「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」、「Amazon」の商品ページが開きます。
※発売前のモデル、または生産終了モデルはリスト表示されません。

ページトップへ

このサイトの主なコンテンツ

  • 新着記事
  • 動画レポート
  • あなたの疑問に答えます!カーナビQ&A
  • 機能にこだわる人のための最新ナビ機能解説
  • 購入前にもう一度おさらいカーナビ選びの基礎知識
  • カーナビ名人になるためのカーナビ使いこなし術
  • 2011年7月完全移行 カーナビも地デジ化
  • お気に入りの曲をクルマでもスマホの鳴らし方
  • ナビアプリ研究
  • お手軽ナビの長所&短所 PNDの選び方
  • 知ってるようで、よく知らないカーナビの謎

旧コンテンツ

その他のコンテンツ

  • MM Style
  • Webオートバイ RIDE
  • Webミスターバイク
  • リペアナビ
  • モーターマガジン社
  • Yahoo!ショッピング・楽天市場で購入 カーナビ通販