カーナビLabo

カーナビLabo

カーナビ買ったらドコ行こう?

カーAV評論家・会田肇氏が最新のカーナビをムービーで徹底解説。
最新カーナビ徹底ガイド!カーナビLabo

スマートフォンメニュー

NEW MODEL

2016年9月 7日発表/9月中旬発売 ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z904W/Z904/Z704W/Z704

MDV-Z904W

ハイエンドモデルのワイド2DIN版「MDV-Z904W」。ハードキーを廃したフルフラットデザインは近未来的かつ美しい。

MDV-Z904

ハイエンドモデルの2DIN版「MDV-Z904」。画面左が新機能の「INFOウィンドウ」。

MDV-Z704W

MDV-Z704シリーズも192kHz/24bitのハイレゾ再生に対応。コレにハイレゾ対応スピーカーという選択もアリだ。

いい音にこだわるなら、やっぱハイレゾでしょう!

JVCケンウッドは、操作系を一新、ハイレゾ再生機能を強化した彩速ナビゲーションのニューモデル「MDV-Z904W」「MDV-Z904」「MDV-Z704W」「MDV-Z704」の4モデルを発表。10月中旬より発売する。

「MDV-Z904W/Z904」は、最大11.2MHzまでのDSD(ダイレクト・ストリーム・デジタル)ファイルを再生できるハイエンドモデル。「MDV-Z704W/Z704」 も192kHz/24bitのハイレゾ音源再生に対応している。
オープン価格だが、想定価格は、
「MDV-Z904W/Z904」が14万円前後(税抜)
「MDV-Z704W/Z704」が12万円前後(税抜)
となる模様。

4モデルともに、"彩"を実現する「プレミアム・ファインビュー・モニター」、"速"を実現する高速描画技術「ジェットレスポンスエンジンⅢ」、データ圧縮技術「S3フォーマット」を採用。高精細な画面がサクサク動くのが彩速ナビのウリの1つだが、より快適な操作を求めて操作系を一新している。
「アクティブオーバーレイGUI」は、HOMEボタンに触れると、メインとなる操作ボタンが地図画面上に浮かび上がるというもの。
AV/地図/Widgetなどを一画面に集約した画面と、よく使う機能のショートカットを並べた画面、2種類のマイメニュー画面を用意。
画面の左側から引き出すウィンドウに、新たに「INFOウィンドウ」を追加。目的地までの距離や到着予定時間、アナログ時計などを表示する。
ワイドモデルの「MDV-Z904W/Z704W」は、完全フルフラット静電タッチパネルを採用。ハードキーがない操作系は近未来を感じさせる。

ナビ機能も進化している。
デジタル式ジャイロ・加速度センサーを搭載、温度変化によるズレを補正する温度特性フィルターを開発し、業界トップレベルの自車位置精度を実現したという。
また、有料優先、道幅優先、渋滞回避、踏切考慮などの条件について優先度を設定できる「マイルートアジャスター」、
次に曲がる交差点までの距離をカウントダウン表示する「新・ここです案内」、
自車周辺の詳細地図をすばやく確認できる「ワンタッチルーペ案内」などの新機能も搭載されている。

AV機能で特筆すべきはハイレゾだ。
全モデルが192kHz/24bitのハイレゾ音源を再生できるだけでなく、高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」が録音時に失われた信号成分を補完。音楽CDやMP3などのハイレゾでない音源を192kHz/32bitのデジタルデータにアップコンバート、マスター音源のクオリティーに近づけてくれる。
そして、「MDV-Z904W/Z904」では、最大11.2MHzまでのDSDファイル再生に対応。DSDはより広い再生帯域を持ち、原音に極めて近いハイレゾ音源だ。車内で、この最高音質を堪能するために、「13バンドグラフィックイコライザー」「プロモードEQ」といった音質調整機能も搭載。「プロモードEQ」では、周波数レベルや周波数帯域を細かく調整できる。
また、ハイレゾ再生対応のスピーカー
KFC-XS1703」(希望小売価格 37,000円税抜)、
KFC-XS1603」(希望小売価格 36,000円税抜)も用意されている。

AV機能でもう一つ紹介したいのが、「マルチAVブラウザ」。内蔵メモリに録音した曲、SDカードやUSBメモリーに保存された曲を横断的に検索、ソースを切り替えなくても選曲ができる機能だ。
AV画面のインターフェイスも新しくなっている。26バンドのスペクトラムアナライザ表示、アナログメーター表示など、高級オーディオを思わせるデザインはオーディオ好きにはグッとくるに違いない。

「MDV-Z904W/Z904」は、スマートフォンとの連携も強化されている。
「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。また、ナビ画面でAndroidスマホを操作できる「KENWOOD Smartphone Control」も利用できる。
4モデル共通のスマホ連携は、USB接続で給電しながらテザリングもできる「USBテザリング」が新機能。「KENWOOD Drive Info.」「NaviCon」「Route Collector」といったアプリも利用できる。

オプションでは、ナビ画面で操作できるドライブレコーダー「DRV-N520」が11月上旬に発売される。高解像度3M(メガ)録画、前方衝突警告などの運転支援機能も備えている。

フルモデルチェンジで、操作性も、ナビ機能も、高音質も進化した彩速ナビ。日本の住宅事情では、音量をセーブせずに音を楽しめる恵まれた人は多くない。いい音を思い切り楽しみたい貴方にお薦めしたい。

2016.9.12公開

ケンウッド ホームページ
http://www2.jvckenwood.com/

ニュースリリース
http://www.kenwood.com/jp/newsrelease/2016/20160907_03.html

ページトップへ

このサイトの主なコンテンツ

  • 新着記事
  • 動画レポート
  • あなたの疑問に答えます!カーナビQ&A
  • 機能にこだわる人のための最新ナビ機能解説
  • 購入前にもう一度おさらいカーナビ選びの基礎知識
  • カーナビ名人になるためのカーナビ使いこなし術
  • 2011年7月完全移行 カーナビも地デジ化
  • お気に入りの曲をクルマでもスマホの鳴らし方
  • ナビアプリ研究
  • お手軽ナビの長所&短所 PNDの選び方
  • 知ってるようで、よく知らないカーナビの謎

旧コンテンツ

その他のコンテンツ

  • MM Style
  • Webオートバイ RIDE
  • Webミスターバイク
  • リペアナビ
  • モーターマガジン社
  • Yahoo!ショッピング・楽天市場で購入 カーナビ通販