カーナビLabo

カーナビLabo

カーナビ買ったらドコ行こう?

カーAV評論家・会田肇氏が最新のカーナビをムービーで徹底解説。
最新カーナビ徹底ガイド!カーナビLabo

スマートフォンメニュー

NEW MODEL

2016年3月29日発表/6月上旬発売 パナソニック ストラーダ CN-F1D

解説ムービー
ストラーダ CN-F1D

CN-F1D最大の特徴は、フローティング構造の「DYNABIGディスプレイ」。正面から見ると、ロゴや型番の印刷もない、ハードキーもないスタイリッシュな表情。

ストラーダ CN-F1D

上下調整でディスプレイを再下端に、さらにチルト調整で手前に倒すと、BD/DVD/CDやSDカードの出し入れができる。

ストラーダ CN-F1D

「Android Auto」に市販ナビ初対応。Androidスマホ内の音楽を聞いたり、Googleの音声認識も使える。
※画面は開発中のものです

あなたの愛車にもスタイリッシュな9型大画面!

パナソニックは、幅広い車種に取り付けることができる9V型の大画面カーナビ「ストラーダ CN-F1D」を発表した。
発売は2016年6月上旬。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は17万円前後。

大画面カーナビは、市販ナビはもちろん、純正ナビでも大人気。画面が大きいぶん、地図画面が見やすく、より広いエリアを表示することができる。画面上の操作キーも大きくレイアウトできるので、操作しやすい。また、DVDなどの映像を再生した時の迫力も段違いだ。
でも、従来の大画面ナビは、取付けの際に車種別専用パネルが必要。取付け可能な車種は、販売台数の多いミニバン、ハイブリッドカー、コンパクトカーが中心だ。各メーカーともに対応車種拡大を進めていたものの、人気モデルの新型車に限定されていた。

「CN-F1D」は、2DINユニット部から9V型ディスプレイがニョキッと飛び出した「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」を開発。この方法なら車種専用パネルが要らないから、より多くの車種に大画面を取付けことができる!
取り付け可能車種は、2016年3月20日現在で144車種。今後、順次拡大予定だ。従来の大画面ナビは、新型車が主だったが、「CN-F1D」なら2DINスペースがあるクルマなら、旧モデルにも取付けることができる。大画面ナビを付けたくても、専用パネルがなくてあきらめていたユーザーには、朗報だ。
ただし、すべての車種に取付けられるわけではない。9V型ディスプレイでハザードボタンが隠れてしまう車種、9V型ディスプレイにコラムシフトが当たってしまう車種などは、装着対応車種リストから外れている。


まずは、「DYNABIGディスプレイ」からじっくり見ていこう。
正面から見てみると...、画面の周りに操作ボタンがない! Panasonicのロゴや型番の表記もない! まるでタブレットのようなすっきりしたデザインだ。コーナー部と左右は曲線でまとめ、アルミフレームとピアノブラックのコントラストが高級感を演出している。
横から見ると、端に向かってすぼまっていく形状。ディスプレイがより薄く、スマートに見える。上から見ると、上面のアルミフレームにPanasonicのロゴと型番、「現在地」「MENU」などのボタンが配置されている。
さらに、裏側をのぞき込むと...、裏面にもピアノブラック塗装が施され、ココに「Strada」ロゴが!
コンソールから飛び出したことで、デザインの自由度が増した。そしてできあがったのが、360度どこから見ても美しい、隅々までデザインされたディスプレイなのだ。

ディスプレイの角度は-20度から60度までチルト調節可能。インパネの傾斜がキツイ車種でも画面が見やすい角度にしたり、太陽光の反射を避けることもできる機構だ。上下方向には最大32mm動く。ディスクドライブやSDカードスロットを使う時は、ディスプレイを下に下ろし、手前に傾けてアクセスする。
さらに、奥行きも最大19mm動かせる。コンソール内の計器類と干渉しない位置で固定するのだ。こうした可動域がありながら、車内の高温、振動にもしっかり耐える構造になっているという。
また、ドライバーとディスプレイの距離が縮まることで、地図や文字を見やすくなり、タッチパネル操作もしやすくなるというオマケも付いている。


「CN-F1D」の魅力はまだまだある。
CN-RX02シリーズに続き、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載。地デジを録画したBDを大画面で楽しめる。

市販ナビとしては初めて、「Android Auto」に対応したのもトピックだ。2016年春にリリースと言われている「Android Auto」、Androidスマートフォンの音楽やアプリを車内で快適に使えるようになる。「OK、Google」をクルマでも使えるのだ。
※本稿を執筆時点では、日本では「Android Auto」アプリはリリースされていない

また、192kHzの高速演算DSPを採用し、ブルーレイオーディオソフトなどに収録されている最大192kHz/24bitまでのリニアPCM音源を高音質のまま再生できたり、後席からAV機能をコントロールできるスマートフォン用のリモコンアプリ「CarAV remote」が使えたりと、AV機能も充実している。


ナビ機能も、CN-RX02シリーズの機能をブラッシュアップしたものだ。
VICS WIDEに対応、そのデータを活用して渋滞回避ルート案内をする「スイテルート案内」を搭載。
一時停止や、速度超過といったうっかりミスを防止する「安心運転サポート」機能は、収録エリアが1340市町村に拡大している。
最大3年分の地図更新も付いてくる。期間内に、年間6回の部分地図データ更新と1度の全地図更新ができる。

大画面ナビが初めて登場した時も「その手があったか!?」とビックリしたものだが、「CN-F1D」の衝撃はさらにその上を行く。大画面カーナビの見やすさ、使いやすさをより多くのドライバーが使えるのは素晴らしい。
今後のカーナビの流れを変えるかもしれない、ニューカマーだ。

2016.3.29公開

パナソニック
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 ホームページ

http://www.panasonic.co.jp/pas/

ストラーダCN-F1D ニュースリリース
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/03/jn160329-2/jn160329-2.html

広告キャラクター綾瀬はるかさんのショートメッセージ
http://panasonic.jp/car/navi/special/F1D/

「パナソニック・カーナビゲーション 新製品体験フェスタ」
http://panasonic.jp/car/navi/special/newproduct2016/event/

ストラーダ CN-F1D

ストラーダ CN-F1D

  • Yahoo!ショッピングで購入
  • 楽天市場で購入
  • Amazonで購入

※クリックすると「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」、「Amazon」の商品ページが開きます。
※発売前のモデル、または生産終了モデルはリスト表示されません。

ページトップへ

このサイトの主なコンテンツ

  • 新着記事
  • 動画レポート
  • あなたの疑問に答えます!カーナビQ&A
  • 機能にこだわる人のための最新ナビ機能解説
  • 購入前にもう一度おさらいカーナビ選びの基礎知識
  • カーナビ名人になるためのカーナビ使いこなし術
  • 2011年7月完全移行 カーナビも地デジ化
  • お気に入りの曲をクルマでもスマホの鳴らし方
  • ナビアプリ研究
  • お手軽ナビの長所&短所 PNDの選び方
  • 知ってるようで、よく知らないカーナビの謎

旧コンテンツ

その他のコンテンツ

  • MM Style
  • Webオートバイ RIDE
  • Webミスターバイク
  • リペアナビ
  • モーターマガジン社
  • Yahoo!ショッピング・楽天市場で購入 カーナビ通販