カーナビLabo

カーナビLabo

カーナビ買ったらドコ行こう?

カーAV評論家・会田肇氏が最新のカーナビをムービーで徹底解説。
最新カーナビ徹底ガイド!カーナビLabo

スマートフォンメニュー

NEW MODEL

2016年9月 6日発表/10月中旬発売 パナソニック ストラーダ CN-RA03WD

CN-RA03WD

ワイド2DINの「CN-RA03WD」は、画面の右に大型の操作キーを配置。段差やカラーで変化を付け、操作性がアップ。

CN-RA03D

2DINサイズの「CN-RA03WD」。「OPT(オプション)」ボタンは、"一時的に消音"または"一時的に画面を消す"を割り当てる。

ステイルート案内

「VICS WIDE」対応ナビは、ビーコンユニットがなくても渋滞回避ルートを引くことができる。ストラーダの「ステイルート案内」は、新旧ルート比較ができるのがポイント。

充実の基本機能に、今どきの先進機能をプラス。

パナソニックは、ストラーダのスタンダードモデル4機種を10月中旬より発売する。
価格は4モデルともにオープン価格。
想定売価は、「CN-RA03D」「CN-RA03WD」 が90,000円前後(税込)、
「CN-RE03D」「CN-RE03WDが80,000円前後(税込)となる見込み。
型番に「W」が付くのは、200mm幅のワイド2DINモデルだ。

スタンダードモデルながら、渋滞回避ルート探索に必要な旅行時間情報を含む「VICS WIDE」に対応。AV機能では、スマートフォンの音楽を転送できるBLUETOOTHオーディオや、8倍速CD録音、ワイドFMに対応。
さらに、上位モデルの「CN-RA03D」「CN-RA03WD」 は、無料地図更新も付いてくる! といった仕様で、今どきのカーナビユーザーのニーズにきっちり応える内容となっている。

4モデルともナビ機能、AV機能は同スペック。まず、ナビ機能から。
高画質技術「PEAKSプロセッサー」を搭載した7型モニターは、くっきり、はっきり。
メモリー容量は16GB。豊富な検索データはもちろん、リアル3D交差点拡大図(約1850交差点)や方面看板表示(約1万2300交差点)、道路幅まで再現した市外詳細地図を収録。旅先での安心ドライブをサポートしてくれる。
「VICS WIDE」に対応したことで渋滞回避ルートを引くことができ、さらにパナソニック独自の「スイテルート案内」も利用できる。ルート案内中に新たな渋滞や交通規制をキャッチすると、より早く着く新ルートを再探索。ドライバーは新旧ルートを比較して、どちらのルートで行くか?を選択することができるのだ。
パナソニック独自の便利機能をもう一つ。ルート探索条件を設定する「ルートチューン」、音声案内のタイミングなどを設定する「ガイダンスチューン」、「VICS WIDE」の表示項目を設定する「VICSチューン」、好みの音質に調整する「オーディオチューン」も搭載されている。この4つをまとめて「ストラーダチューン」と読んでいるが、これを設定することで、ドライバー好みにカスタマイズすることができる。
RAシリーズに付いてくる無料地図更新は、2018年度版、2019年度版、2020年度版から1回、全地図データを更新できる。

AV機能は、様々なメディアに対応しているのがポイント。
「CD録音」は、音楽CDを最大約8倍速でSDメモリーカードに録音する機能。お気に入りの曲を録音しておけば、次回からはクルマにCDを持ち込まなくていい。高音質の320kbpsから曲数優先の96kbpsまで、5段階の圧縮録音モードから選べる。
スマートフォンで好きな曲を持ち歩いている人に便利なのが、「BLUETOOTHオーディオ」。高音質なAACにも対応。スマートフォンをポケットやバッグに入れたままでも、カーナビとスマートフォンを一度ペアリングしておけば、次回からは自動接続してくれるのも便利だ。
MP3/WMA/AACといった音楽ファイル、MPEG4/H.264/JPEGといった動画/静止画ファイルはSDカードやUSBメモリーから再生できる。
これらの音源に、車内で聴くのに適したチューニングを加えてくれるのが「音の匠」。音のプロ集団ミキサーズ・ラボとのコラボで、ドライブシーンやスピーカーに合わせたサウンドをサウンドチューン画面のボタンひとつで楽しめる。
地デジは4×4チューナーのフルセグ。高画質技術「PEAKSプロセッサー」のおかげで、映像も美しい。

スマートフォンとの連携機能では、スマートフォンアプリで探した目的地をカーナビに転送できる「おでかけナビサポートここいこ♪」、スマートフォンがAVリモコンになる「CarAV remote」が使える。

オプションも充実している。
ドライブレコーダー(CA-DR01D)は、ナビ画面で操作できるのが便利。
カメラ付きリアモニター(CA-RMC900D)は、リアシートの子供の様子をナビ画面で確認できる。
ETC2.0車載器(CY-DSR140DCY-ET2000D)にも対応。遠方の渋滞情報もキャッチして最適ルートを引いてくれるので、ロングドライブの心強い味方になってくれる。ETC2.0限定割引も利用できる。

充実の基本機能に加え、上位モデルの最新機能をいち早く採り入れたスタンダードモデル。「リーズナブルな価格で、今どきのカーナビを使いたい!」という人にお薦めしたい。

2016.9.12公開

パナソニック
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 ホームページ

http://panasonic.jp/car/

ニュースリリース
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/09/jn160906-4/jn160906-4.html

ページトップへ

このサイトの主なコンテンツ

  • 新着記事
  • 動画レポート
  • あなたの疑問に答えます!カーナビQ&A
  • 機能にこだわる人のための最新ナビ機能解説
  • 購入前にもう一度おさらいカーナビ選びの基礎知識
  • カーナビ名人になるためのカーナビ使いこなし術
  • 2011年7月完全移行 カーナビも地デジ化
  • お気に入りの曲をクルマでもスマホの鳴らし方
  • ナビアプリ研究
  • お手軽ナビの長所&短所 PNDの選び方
  • 知ってるようで、よく知らないカーナビの謎

旧コンテンツ

その他のコンテンツ

  • MM Style
  • Webオートバイ RIDE
  • Webミスターバイク
  • リペアナビ
  • モーターマガジン社
  • Yahoo!ショッピング・楽天市場で購入 カーナビ通販